人と防災未来センターでは、来る3月11日(水)に、阪神・淡路大震災20年語り部のつどい「これからの震災語り継ぎ 東日本大震災と阪神・淡路大震災」を開催します。このたび、このつどいへの参加者を募集します。

 

 

1 趣 旨
阪神・淡路大震災20年に当たり、震災の語り部がつどい、東日本大震災被災地の現状と語り継ぎ活動を具体事例を通じて学び、震災の伝承の意義を再確認するとともに、その課題等を共有し、今後の語り継ぎについて考える契機とします。また併せて、東日本大震災4年を機に、その復興支援の気運をさらに高めます。

 

2 開催日

平成27年3月11日(水) 13:10~17:00 (開場 12:40)

 

3 会 場

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター東館1階こころのシアター

 

4 内 容

【第1部(13:10~)】

3Dドキュメンタリー「大津波-3.11未来への記憶」上映

東日本大震災直後から3年余りにわたって定点観測的に継続取材した被災地の記録と、3年たってようやく語り始めた被災者の「ことば」を軸に構成した未来へのメッセージ(NHKメディアテクノロジー制作・著作/80分)

【第2部(14:45~)】

東日本大震災語り部体験発表&トークステージ

岩手県と宮城県から、自らの体験を次代に伝える活動をされている2人をゲストに招き、現地の最新状況と記憶を伝える活動についてお話しいただきます。また阪神・淡路大震災の語り部も交えて、これからの語り継ぎについて考えます。

 

5 出演者

 東日本大震災被災地より

  元田 久美子 氏(宮古観光文化交流協会 学ぶ防災ガイド)

  阿部 憲子 氏 (南三陸ホテル観洋 女将)

 阪神・淡路大震災被災地より

  奥  秀雄 氏 (人と防災未来センター運営ボランティア 語り部)

  河田 のどか 氏(特定非営利活動法人さくらネット 防災教育担当)

 コーディネーター

  小林 郁雄 氏 (人と防災未来センター上級研究員・兵庫県立大学特任教授)

 

6 参加方法

<参加対象>震災の語り継ぎを実践されている方、その他震災の伝承に関心をお持ちの方

<定員>140名

<参加受付開始>2月11日(水) ※先着順で定員になり次第受付終了

<参加申込方法>【参加者氏名】【電話番号】【FAX番号】【団体名等】を記載のうえ、下記までお申し込みください。

            なお、2名以上でお申し込みの場合は、【参加人数】【参加者氏名(全員分)】もあわせてご記入ください。

            FAX:078-262-5509(事業部運営課)

            E-mail:kikaku@dri.ne.jp(企画担当)

<参加費>無料 ※人と防災未来センターの展示を観覧される場合は所定の観覧料金が必要です。

 

7 主催等

<主  催>阪神・淡路大震災20年語り部のつどい実行委員会

<共  催>ひょうご安全の日推進県民会議

<後  援>NHK神戸放送局

<企画協力>NHKプロモーション、NHKメディアテクノロジー

 

8 その他

「阪神・淡路大震災20年語り部のつどい」開催に伴い、3月11日(水)のこころのシアター通常上映の最終上映時刻が以下のとおりに変更となります。12:00以降午後の上映はございませんので、ご来館の際はご注意ください。

【こころのシアター最終上映時刻】

「葉っぱのフレディ」11:00

「東日本大震災 津波の傷跡2011-2013」11:30

 

9 問い合わせ先

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2

TEL078-262-5050(観覧案内)

 

150311tsudoi