阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、減災グッズ展vol.5「非常時のトイレの備え方」を開催〔平成28年9月6日(火)から12月18日(日)〕していますが、このたび好評につき、年末年始をはさむ平成29年1月9日(祝月)まで展示期間を延長いたします。

 

チラシはこちらから⇒減災グッズ展vol.5期間延長チラシ

 

〔開催内容〕

人と防災未来センターでは、これまで「0次の備え 携帯し持ち歩く減災用品」「いつもそばに置きたい減災用品」「食×減災 非常時の“食”に関する備え」「パーソナリティ×減災」をテーマに開催してきましたが、今回は非常時に誰もが抱える課題の1つである「トイレの備え」をメインに紹介しています。

阪神・淡路大震災以降、非常時のトイレの開発が進み、知恵やノウハウも蓄積されましたが、今年発生した熊本地震でもトイレは大きな問題となりました。

この企画展では、いつも使っているトイレが非常時にはどのような状態になるのか、災害時に起こり得る様々な課題とあわせて紹介し、非常時のトイレ対策の大切さを伝えるとともに、減災用品関連企業が近年開発・販売している携帯トイレ、簡易トイレ、衛生用品などの製品を展示紹介しています。

 

〔開催場所〕

人と防災未来センター 西館2F 防災未来ギャラリー(有料ゾーン)

 

詳しくはセンターホームページをご覧ください。http://www.dri.ne.jp/160906gensai-toilet

 

 

 

 

(公財)ひょうご震災記念21 世紀研究機構

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 事業部運営課 078-262-5502