センター概要

■ 学術誌「減災」

■防災実務者のための学術誌「減災」
  ISSN 2185-8632

人と防災未来センターでは中央省庁をはじめとする行政機関やライフライン企業、研究者の方々の支援を得て、実践的な減災研究の学術的な価値を称揚し、同時に実務家のニーズにも応えることができるような新たなタイプの学術誌「減災」を刊行しています。ぜひご一読下さい。

「減災」電子版は年1回発行予定です。(最終更新日:2011年1月17日)

■第5号電子版(平成23年1月発行)

■第4号電子版(平成22年3月発行)

学術誌「減災」

  • ○招待論文:近年の風水害の激化と減災対策
    危機対応システム(ICS)と情報過程
    重症急性呼吸器症候群(SARS)事象の対応から
    国民保護計画 −都道府県・市町村を中心に
  • ○コラム:総合災害情報研究センター設立
    民間団体活動紹介
  • ○災害年報

■第3号(発売中)案内チラシ【PDFファイル:202KB】

学術誌「減災」

  • ○カラーグラフ:被災地はいま
  • ○招待論文:自然災害の新しい脅威と災害対応の課題
    スマトラ沖地震からの復興
    新潟県の04年中越地震と07年中越沖地震
    台風23号・被災地からのメッセージ
  • ○コラム:民間団体活動紹介
    減災技術
    減災への取り組み事例
  • ○災害年報
  • お問い合わせは、新建新聞社出版部(026-234-4124)まで

■第2号

学術誌「減災」

  • ○カラーグラフ:首都直下地震の被害想定
    ハリケーン・カトリーナによる被害
  • ○招待論文:大規模水害の減災
    「スーパー都市災害」としての首都直下地震
    東海・東南海・南海地震
    静岡県の地震対策アクションプログラム策定・推進の取り組み
    南海地震に備える高知県の取り組み
    次世代を担う地域防災力を育てる
    兵庫県の災害対応
    事業継続を実現するNECの情報通信基盤強化への取り組み
  • ○コラム:減災への取り組み事例
    民間団体活動紹介
  • ○災害年報

■創刊号

学術誌「減災」

  • ○カラーグラフ:阪神・淡路大震災の記憶
  • ○招待論文:「減災」と地域防災
    減災への行政的アプローチ
    防災研究の枠組みの変化
    防災に関する国際的アプローチ
    新たな枠組みに基づく防災計画構築の試み
  • ○特集:阪神・淡路大震災レビュー
  • ○災害年報

アクセス数

(平成23年4月から)