センターのミッション

センターのミッション

実践的な防災対策と共に生きる素晴らしさを世界に発信

ある日突然発生し、甚大な被害をもたらす自然災害。世界は今、減災社会の実現のために何をしないといけないかが問われています。その一つの答えがこの「人と防災未来センター」です。

当センターは国のご支援を得て平成14年4月に兵庫県が設置し、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構が運営を行っている施設です。阪神・淡路大震災の経験を語り継ぎ、その教訓を未来に生かすことを通じて、災害文化の形成、地域防災力の向上、防災政策の開発支援を図り、安全・安心な市民協働・減災社会の実現に貢献することをミッションとしており、「減災社会の実現」と「いのちの大切さ」「共に生きることの素晴らしさ」を世界へ、そして未来へと発信していきます。

さらには、世界的な防災研究の拠点として、災害全般に関する有効な対策の発信地となることをめざします