ゲスト:森永速男さん(兵庫県立大学 防災教育センター 教授)


テーマ:六甲山と大阪湾の美しい景観が物語る地震の歴史-アイソスタシーを理解する-


内容: 1995 年1 月17 日に兵庫県南部地震が、また2011年3 月11 日には東北地方太平洋沖地震が起こりました。この2 つの地震は異なるメカニズムによって起こり、異なる様相の甚大な被害をもたらしました(前者を内陸地震、後者を海溝型地震と呼びます)。これら2 つの地震の異なる側面を簡単に紹介し、このカフェでは特に兵庫県南部地震のメカニズムについて紹介します。それは、私たちが愛でる六甲山や大阪湾の形成に関係があります。地震という現象がもたらす地表の変化を一緒に考えましょう。


日時:平成26年6月28日(土)午後3時~4時30分


会場:人と防災未来センター東館4階 兵庫県立大学・学生交流室


定員:最大40名程度(事前申し込み不要・先着順)


参加費:100円(コーヒー・お茶代)


主催:人と防災未来センター研究部 TEL:078-262-5095  E-mail:kenkyu@dri.ne.jp


後援:兵庫県立大学・国立明石工業高等専門学校


パンフレットはこちら