災害メモリアルアクションKOBE

1.目的

「災害メモリアルアクションKOBE」は、「阪神・淡路大震災」を経験した世代が教訓と提言をまとめた「メモリアルコンファレンス・イン神戸(1996〜2005年実施)」、そして、その教訓を次世代に伝える「災害メモリアルKOBE(2006〜2015年実施)」に続くものです。

これは、学生の人材育成に力点をおき、教訓を「活かす」ことができる人材を育てるとともに、防災活動を通じてその取り組みをいろいろな地域・世代へ広げていく事例をまとめていきます。平成27年度よりこの先の10年を見据えた活動を行い、今後の防災・減災に寄与することを目的としています。

毎年1月17日の前後に、その年の取り組みについて、報告会の実施を予定しています。

2.実施主体

人と防災未来センター、京都大学防災研究所自然災害研究協議会

3.企画立案

災害メモリアルアクションKOBE企画委員会(事務局:人と防災未来センター)
・企画委員長:牧 紀男(人と防災未来センター震災資料研究主幹、京都大学防災研究所教授)
企画委員会名簿

4.事業スキーム

5.災害メモリアルアクションKOBE2017報告会概要

▼日 時
平成29年1月7日(土)10:00〜13:00

▼場 所
人と防災未来センター西館1階 ガイダンスルーム1(無料ゾーン)

▼内 容
10:00 開会・挨拶
災害メモリアルアクションKOBE企画委員会委員長
人と防災未来センター震災資料研究主幹・京都大学防災研究所教授
牧 紀男

10:10 活動発表(各班15分)
兵庫県立舞子高校、国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)2年生チーム、国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)3年生チーム、関西大学社会安全学部近藤研究室「ぼうさいマイCREDO」、神戸学院大学現代社会学部社会防災学科安富ゼミ、兵庫県立大学「ほっとKOBE」、立命館大学「減災×学びプロジェクト」(以上7チーム)

12:05 公開サロン「未災者が伝えられること」
この活動で印象に残った経験を参加学生同士で共有し、自分たちと同世代の若者に対して「神戸のコトバ」をどのように伝えることができるかについて意見交換します。
ファシリテーション担当:
高森順子(ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部研究員)
グラフィックレコード担当:
鈴木沙代(京都産業大学教育支援研究開発センター)
サロン参加者:参加団体の学生等(当日参加している方々全員)

12:55 閉会・挨拶(講評)
災害メモリアルアクションKOBE企画委員会顧問・人と防災未来センター長
河田 惠昭

▼参加方法
直接会場に起こしください(無料ゾーンで実施します)

▼その他
会場では、報告会にあわせて、各グループの活動内容について、ポスター展示を行います。

1月7日報告会チラシ兼当日プログラム


兵庫県立舞子高校
国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)2年生チーム
国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)3年生チーム
関西大学社会安全学部近藤研究室「ぼうさいマイCREDO」
神戸学院大学現代社会学部社会防災学科安富ゼミ
兵庫県立大学「ほっとKOBE」
立命館大学「減災×学びプロジェクト」

6.過去の災害メモリアルアクションKOBEについて