災害メモリアルアクションKOBE

1.目的

「災害メモリアルアクションKOBE」は、「阪神・淡路大震災」を経験した世代が教訓と提言をまとめた「メモリアルコンファレンス・イン神戸(1996〜2005年実施)」、そして、その教訓を次世代に伝える「災害メモリアルKOBE(2006〜2015年実施)」に続くものです。

これは、学生の人材育成に力点をおき、教訓を「活かす」ことができる人材を育てるとともに、防災活動を通じてその取り組みをいろいろな地域・世代へ広げていく事例をまとめていきます。平成27年度よりこの先の10年を見据えた活動を行い、今後の防災・減災に寄与することを目的としています。

毎年1月17日の前後に、その年の取り組みについて、報告会の実施を予定しています。

2.実施主体

人と防災未来センター、京都大学防災研究所

3.企画立案

災害メモリアルアクションKOBE企画委員会(事務局:人と防災未来センター)
・企画委員長:牧 紀男(人と防災未来センター震災資料研究主幹、京都大学防災研究所教授)
企画委員会名簿

4.事業スキーム

5.災害メモリアルアクションKOBE2018報告会概要

▼日 時
平成30年1月6日(土)10:00〜13:00

▼場 所
人と防災未来センター西館1階 ガイダンスルーム1(無料ゾーン)

▼内 容
10:00 開会・挨拶
災害メモリアルアクションKOBE企画委員会委員長
人と防災未来センター震災資料研究主幹・京都大学防災研究所教授
牧 紀男

10:10 活動発表(各班15分)
兵庫県立舞子高校、国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)3年生チーム、国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)4年生チーム、神戸学院大学現代社会学部社会防災学科安富ゼミ、兵庫県立大学「ほっとKOBE」、関西大学社会安全学部近藤研究室チームCREDO、関西大学社会安全学部近藤研究室チームSKH(以上7チーム)

12:05 公開サロン「伝えたいことが伝わる伝え方とは?」
私たち学生は自分たちの活動を身近に感じてもらいたいと日々その「伝え方」に試行錯誤を繰り返しています。一方で、私たちは被災体験を豊かに語る人、ふとしたときにつぶやく人、直接は語らない人など、様々な人とことばに出会い、その「受け取り方」も考え続けてきました。
今回の公開サロンでは、自分たちの活動について、いかなる方法であれば伝えたいことが伝わるのか、語りや体験学習など、具体的な方法も踏まえながら考えます。それとともに、「伝わった」と手応えが感じられるときはどんなときなのかを共有し、受け手との関係についても考えます。
ファシリテーター:高森順子(ひょうご震災記念21世紀研究機構研究戦略センター主任研究員)
グラックファシリテーター:鈴木さよ(TAGAYASU)
サロン参加者:参加団体の学生等(当日参加している方々全員)

12:55 閉会・挨拶(講評)
災害メモリアルアクションKOBE企画委員会顧問・人と防災未来センター長
河田 惠昭

▼参加方法
直接会場に起こしください(無料ゾーンで実施します)

▼その他
会場では、報告会にあわせて、各グループの活動内容について、ポスター展示を行います。

1月6日報告会チラシ兼当日プログラム

6.過去の災害メモリアルアクションKOBEについて