災害メモリアルKOBE2007の開催

作文発表の様子

● 日時 2007年1月13日(土)
● 場所 人と防災未来センター
● 主催 災害メモリアルKOBE実行委員会

第2回目となる今回は「未来へ語ろう私たちの体験~世界で行動する先輩と災害を学ぶ~」と題し、イベントに先立ち海外の被災地で活躍する3人の学生が神戸市立なぎさ小学校と神戸市立渚中学校の児童・生徒に特別授業を行いました。

当日の午前中は、特別授業を受けた小学生(5年生6名、6年生4名)、中学生(1年生6名)がその感想をまとめた作文を発表しました。


パネルディスカッションの様子

午後からは「行動しよう世界で-原動力・課題・将来-」をテーマに、特別授業を行った3人の学生によるパネルディスカッションを行いました。

  • コーディネーター:

    諏訪清二(兵庫県立舞子高校教諭)

  • パネリスト:

    塚澤幸子(早稲田大学大学院2年生)

  •  

    岸本くるみ(神戸学院大学2年生)

  •  

    中野元太(立命館大学1年生)


このイベントを通じて、「震災第2世代とも言うべき若い人たちが今、神戸の地震についてどう考え、災害支援でどういった活動をしているのか、震災の記憶がほとんどない今の神戸の子ども達が、先輩方の思いと行動をどう考え、震災を経験したまちで学ぶ自分たちが、今後どのように行動して行こうと考えるのか、について震災から12年が経過しようとする神戸のまちで共有することができました。

子ども達の作文(リンク)