阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、2019年2月5日(火)から2019年7月17日(水)まで、減災グッズ展Vol.7「進化する!IT減災 備えるための情報技術、最先端」を開催します。

「減災グッズ展」、7回目となる今回は、インターネットやスマートフォンアプリなどIT技術を活用し、実際に防災・減災分野で活躍している技術・製品を紹介します。

この機会に、人と防災未来センターへぜひご来館ください。

 

 

1 名   称

減災グッズ展Vol.7「進化する!IT減災 備えるための情報技術、最先端」

 

2 開催期間

2019年2月5日(火)~2019年7月17日(水)

※開催期間中の無料観覧日:2/17(日)、3/17(日)、4/17(水)、5/17(金)、6/18(火)、7/17(水)

 

3 会   場

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 西館2F 防災未来ギャラリー(有料ゾーン)

 

4 内   容

スマートフォンが普及し、IT技術が身近な生活に浸透した現在、情報の配信、収集、共有などが迅速で容易になっています。

これらのIT技術は防災・減災の分野でも活用されており、多くの企業・団体が様々な技術や製品を開発しています。この企画展では、公募によりエントリーされた製品の現物展示やパネルで紹介します。

※1/26現在 エントリー企業・団体数24団体、製品数33点

 

(1) 情報入手

災害、事故などが発生した際の緊急情報を入手する手段を紹介。

(2) 安否確認と情報共有

被災時に電話等の通信手段が途絶えた際の安否確認の方法を紹介。

(3) 公共による情報配信

行政及び通信事業者等によって構築されている減災のためのIT情報システムを紹介。

(4) 電源確保と通信維持

被災時に起こる通信設備の損傷や停電による電力の枯渇等が原因で、通信インフラが崩壊した際の通信を継続する手段を紹介。

(5) 情報を活用した訓練

いざというときに正確な情報を把握することができるように、普段から活用できる情報ソフト等を紹介。

 

5 主催等

主  催:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

監修協力:宇田川 真之(阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター リサーチフェロー)

 

6 関連イベント

無料入館日である2019年2月17日(日)、3月17日(日)に関連イベントを行います。

<開催日時> 2019年2月17日(日)、3月17日(日) 両日とも無料観覧日

<内  容> 出品企業・団体による製品説明会

<参加方法> 参加方法・実施時間など詳細は、後日WEBサイトにてお知らせします。