阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、震災から25年を迎えるにあたって、令和2年1月から未公開の震災収蔵資料を見ていただく、特別展示を企画しております。

このたび、この特別展示の一環として、阪神・淡路大震災を経験していない世代の地元中学生が、人と防災未来センターの未公開震災資料について学び、震災当時の状況に想いを巡らせ、震災資料の紹介原稿を作成するワークショップ・プログラムを下記により実施しますので、お知らせします。

 

 

1 開催日時  令和元年11月9日(土)

午前の部「写真資料編」 10:00~12:00

午後の部「実物資料編」 13:30~15:30

 

2 会  場  阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 東館6階会議室

 

3 参加者  神戸市立渚中学校 防災ジュニアリーダー(各回15名計30名を予定)

 

4 プログラム概要

資料室が行っている「震災資料の収集保存」について収蔵庫の見学等から学んだ上で、プログラム参加者一人一人が、それぞれ特定の震災資料の担当となり、その資料の紹介原稿を作成します。

 

5 マスコミ取材申込について ※一般公開は行っておりませんのでご了承ください。

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 運営課

TEL 078-262-5502/FAX 078-262-5509