センターが所蔵する震災資料をエピソードとともにご紹介するページの公開をスタートしました。

こちらからご覧ください(トップページのバナーからもページへ飛ぶことができます)。

 

震災資料Web展示「震災資料語り~ものがたり~」では、約19万点の所蔵資料(阪神・淡路大震災の被災状況を物語るもの、復興過程で作成・仕様されたものの現物等)のなかからピックアップした震災資料を解説とともにご紹介します。ただの日用品や古道具に見えるものでも震災資料として寄贈され、保管されている経緯があります。ひとつひとつの資料がもつエピソード(物語)と、関連情報として当時の状況等のサイドストーリーを合わせて紹介し、ページを訪問した方に新たな語りを残していただけるよう、コメント欄も設置しました。

紹介資料は今後も追加していきます。どうぞお楽しみに。

センターで実際に資料を閲覧することも可能です。ご希望の方は資料室にお問い合わせください。