阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、震災23年となる1月17日を含む平成29年12月17日(日)から平成30年3月11日(日)の間、「振り返る1.17阪神・淡路大震災写真展2018」など3つの企画展を開催します。

 

・西館1階ロビー

「振り返る17阪神・淡路大震災写真展2018」

震災発生から復旧・復興期、現在に至るまでの人やまちの姿を写真で紹介します。

「スーパーハイビジョンで見る阪神・淡路大震災」

NHK神戸放送局と共催で実施し、8K、4Kモニターによるきめ細かな映像で震災を振り返ります。

・西館5階資料室

「1.17はじまりのごはん」

震災発生後にはじめて食べたものとそれにまつわるエピソードを紹介して震災を振り返ります。

 

 

① 企画展示「振り返る1.17阪神・淡路大震災写真展2018」

期  間:平成29年12月17日(日)~平成30年2月12日(月・振替休日)

会  場:西館1階ロビー(無料ゾーン)

内  容:阪神・淡路大震災から23年が経つ中で、改めて震災を振り返る契機としていただくよう、人と防災未来センター資料室が保有する被災当日から復旧・復興期、そして現在に至るまでの人やまちの姿を撮影した写真資料など約80点を展示します。

主  催:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

問合せ先:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター「観覧案内」

電話:078-262-5050(開館日時と同じ)

 

② 映像展示「スーパーハイビジョンで見る阪神・淡路大震災」

期  間:平成29年12月19日(火)~平成30年2月12日(月・振替休日)

会  場:西館1階ロビー(無料ゾーン)

内  容:NHK神戸放送局が制作した阪神・淡路大震災をテーマとした2作品を前期・後期にわけて、超高精細な映像を楽しめる8K(画素数は地上デジタル放送で使われるフルハイビジョンの16倍)、高画質な4K(同4倍)モニターで上映。スーパーハイビジョンのきめ細やかな映像で、23年前の震災を振り返ります。

【前期】12月19日(火)~1月17日(水)

「資料が語る 阪神・淡路大震災」(8K)

震災の被害やすさまじさを今に伝える震災資料。NHKでは“人と防災未来センター”が収蔵する震災資料を、超高精細な8Kスーパーハイビジョンで克明に記録した。資料から浮かび上がる震災の記憶を、被災者の証言や発生当時の資料映像を織り交ぜて伝える。

【後期】1月18日(木)~2月12日(月・振替休日)

「あの日を胸に」(4K)

震災を経験した人々からのメッセージを、高画質な4K映像で伝える1分の   映像シリーズ。お笑い芸人からジャズ奏者まで、5人の語り手が言葉をつむぐ。震災当日にどのような経験をし、何が心に刻まれたか。彼らのメッセージを通して神戸の人々の再起と平穏な未来への願いを描く。

主  催:NHK神戸放送局、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

問合せ先:NHK神戸放送局

電話:078-252-5000(平日9:30~18:00)

URL:http://www.nhk.or.jp/kobe/

 

③ 資料室企画展「1.17はじまりのごはん」 チラシはこちらからダウンロード(400KB)

期  間:平成29年12月19日(火)~平成30年3月11日(日)

※資料室内で開催するため、開催時間はセンター開館日の9:30~17:30また、12月29日(金)~1月3日(水)は年末年始休暇のため休室

会  場:西館5階資料室(無料ゾーン)

内  容:阪神・淡路大震災が発生したあと「はじめて食べたもの」という質問を通して語られた22年前のストーリーと、当時の食べものを再現した写真をパネルで紹介します。来場者が自分自身の「はじまりのごはん」を記入し、写真撮影を行っていただけるコーナーも設けます。

主  催:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

協  力:3.11オモイデアーカイブ、3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)

問合せ先:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター資料室

電話:078-262-5058(開室時間と同じ)

 

※開催期間内の無料開館日は、12月17日(日)、1月17日(水)、2月17日(日)です。