石原 凌河 ISHIHARA Ryoga

専門分野

都市・地域再生、都市環境デザイン、災害の記憶継承

経歴

平成22年3月
関西学院大学総合政策学部総合政策学科卒業
平成24年3月
大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻博士前期課程 修了
平成24年4月~平成26年1月
公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構

人と防災未来センター 震災資料専門員
平成26年2月~平成26年3月
公立大学法人大阪府立大学地域連携研究機構
コーディネーター
平成26年3月
大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻博士後期課程
修了、博士(工学)
平成26年4月~平成27年3月
公立大学法人大阪府立大学地域連携研究機構 特認助教
平成27年4月より現職

主要論文

  • Ryoga ISHIHARA「Factors Affecting the Decision to Preserve Building Remains at an Earthquake Site」International Symposium on City Planning 2014,CD-R(No.8),November 2014.
  • 石原凌河,松村暢彦「生活防災を題材とした防災教育教材の開発とその評価」土木学会論文集H,Vol.70,No.1,pp.1-12,2014.7.
  • 石原凌河,松村暢彦「津波常襲地域における災害伝承の実態とその効果に関する研究」土木学会論文集D3,Vol.69,No.5,pp.101-114,2013.12.
  • 石原凌河,松村暢彦「維持管理の観点から見た災害遺構の保存に関する研究」都市計画論文集,Vol.48,No.3,pp.861-866,2013.10.
  • Ryoga ISHIHARA,Nobuhiko MATSUMURA「Practice and Evaluation of Disaster Reduction Training Materials for Livelihood Disaster Reduction」International Symposium on City Planning 2013,pp.205-208,August 2013.
  • Ryoga ISHIHARA,Nobuhiko MATSUMURA「Development of Disaster Knowledge Magazine using Disaster Knowledge Transmission and Practical Study on its Evaluation」Journal of Disaster Research,Vol.8,No.3,pp.484-494,2013.5.
  • 石原凌河,松村暢彦「津波常襲地域における生活防災意識の構造に関する研究」都市計画論文集,Vol.47,No.3,pp.1069-1074,2012.10.

所属学会

  • ・日本都市計画学会
  • ・日本建築学会
  • ・土木学会
  • ・日本災害復興学会
  • ・都市環境デザイン会議

■ 主な外部資金研究一覧(平成26年度)

  • ・2014 年都市環境デザイン会議公募型プロジェクト助成金「災害の記憶継承に資する都市環境デザインの役割」
  • ・大阪府立大学「地(知)の拠点整備事業」平成26年度「地域志向教育研究補助金 公募」「災害コミュニケーションを通した地域防災教育プログラムの開発と実践」
  • ・平成26年度笹川科学研究助成 学術研究部門「災害遺構に対する価値意識の構造と保存方策に関する研究」

■ 委員会、研究会、社会的活動の主な参加事例(平成26年度)

  • ・日本災害復興学会学会誌編集委員会 委員
  • ・日本都市環境デザイン会議「復興の姿研究会」委員
  • ・日本都市環境デザイン会議「災害の記憶研究会」主査
  • ・日本都市計画学会社会連携交流組織「都市空間のつくり方研究会」委員
  • ・日本都市計画学会関西支部「地方都市の魅力とパーソナルネットワーク研究会」委員
  • ・大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻 招へい教員