マ リ エリザベス  MALY Elizabeth

専門分野

住宅復興

経歴

平成12年5月
リード大学芸術学部卒業
平成18年10月〜平成20年3月
神戸大学大学院自然科学研究科研究生
平成20月6月
ワシントン大学大学院建築学科修士課程修了
平成21年4月〜
現在神戸大学大学院工学研究科博士後期課程
平成24年4月より現職

主要論文

  • Kondo, T, and Maly, E. Housing Recovery by Type of Resident Involvement – Providing Housing vs. Mobilizing Residents – Invited presentation in “From Post-Disaster Reconstruction to the Creation of Resilient Societies,” ISHED Symposium held Oct 14, 2012, Tongji University, Shanghai, China.
  • Maly, E. and Kondo, T. “Applying the Concept of People-Centered Housing Recovery: Focus on Transition.” Invited presentation in the International Research Committee on Disasters (IRCD) Researchers Meeting at the Natural Hazards Workshop, University of Colorado, July 2012.
  • Maly, E. and Shiozaki, Y, “Towards a Policy that Supports People-Centered Housing Recovery; Learning from Housing Reconstruction after the Hanshin Awaji Earthquake in Kobe, Japan,” International Journal of Disaster Risk Science, (refereed) March 2012, Volume 3, Issue 1, pp 56-65.
  • Maly, E. and Shiozaki, Y. “Toward People-centered Post-Disaster Housing Recovery in Tohoku: Learning from examples of transitional housing in Yogyakarta, Indonesia and Mississippi, United States.” Invited presentation at the International Conference on Disaster Management 2012 held by the International Institute for Infrastructure Renewal and Reconstruction, Kumamoto University, August 2012.
  • Maly, E. and Shiozaki, Y., 2011, Community-based Housing after Disaster: the Case of Kasongan, a Village in Yogyakarta, Indonesia,Asian Planning Schools Association Conference
  • Maly, E. and Shiozaki, Y., 2010, University Collaboration in Community Based Post-Earthquake Recovery; the Case of Gadjah Mada University in Yogyakarta, Indonesia, Sustainable Communities, Sustainable Landscapes,” 2010 conference of the Pacific Rim Community Design Network, Awaji, Japan.
  • Maly, E. 2008, Post Disaster Community Rebuilding: Affordable Housing in New Orleans after Hurricane Katrina, Masters of Architecture thesis, University of Washington-Seattle

学会賞等の受賞

  • “Honorable Mention for Best Paper”  Maly, E. and Kondo, T. “People-centered Post-Disaster Housing Recovery.” Invited presentation in “From Post-Disaster Reconstruction to the Creation of Resilient Societies,” ISHED Symposium held Oct 14, 2012, Tongji University, Shanghai, China

所属学会

  • 日本建築学会

平成24年度研究テーマ

自然災害からの復興に関する多角的研究
被災者の住まいの再建のための、多角的な復興計画策定・実施に関する計画論を構築するための、フィールドワークを中心とした実践的な研究を行います。
1.災害後の住宅復興を国際比較研究
インドネシア、アメリカ、日本における災害発生後の、復興計画と住宅、住宅復興政策、建設された仮設住宅、住宅復興の住まい環境、コミュニティ復興について調査研究を行う。
2.東北の住宅復興情報を英語で発信するための研究
東北の被災地各地区の復興計画、住宅復興計画、現在の仮設住宅の居住状況について情報を集め、英語で発信する。また日本に関する政策と近年の教訓(阪神・淡路大震災と新潟中越地震住宅復興)についても同時に情報を発信する。
3.東日本の被災地で海外ボランティアの支援に関する研究
個人や海外のボランティア団体が、どのように現地に入り、ボランティア活動を進めたのか調査する。海外ボランティアを受け入れた団体は様々なタイプあった。海外にある団体が東日本の被災地に直接に入った、又は海外ボランティアを直接受けいれた事例がある。日本の国際ボランティア団体(通常海外の被災地で現地ボランティア活動をするタイプ)が今回は初めて、国際協力の経験をいかして、海外ボランティアを受けいれた。さらに、津波後に立ち上げた団体(中心が、日本人の場合、外国人の場合の両方)が海外ボランティアを受けいれた事例もある。このように海外ボランティアを受けいれた団体について、受入れ方法、活動、ボランティア文化、通信手段、文化・言葉の問題について調査する。
4.災害の記憶とその継承に関する研究
今回の東日本の記憶を中心として、被災経験・東北の住民の生の声を、世界に英語で発信する。これにより、災害の経験だけではなく、これからの生活復興、まちづくりの経験を広く英語で情報共有する。