照本 清峰  TERUMOTO Kiyomine

専門分野

防災計画、減災システム、地域復興

経歴

平成8年3月
埼玉大学工学部建設工学科卒業
平成10年3月
東京都立大学大学院都市科学研究科修士課程修了
平成10年4月~11年3月
株式会社まちづくり計画研究所 研究員
平成14年3月
東京都立大学大学院都市科学研究科博士課程修了、博士(都市科学)
平成13年8月~平成17年3月
独立行政法人防災科学技術研究所総合防災研究部門 特別研究員
平成17年4月~平成19年3月
人と防災未来センター研究部 研究員
平成19年4月~平成22年3月
人と防災未来センター研究部 主任研究員
平成22年5月~平成24年12月
和歌山大学防災研究教育センター 特任准教授
平成25年1月~平成26年3月
徳島大学環境防災研究センター 特任准教授
平成26年4月より現職

主要論文

  • 照本清峰・望月利男:地震の被害予測と発生確率の推定に基づく地域の震災ポテンシャル評価,日本建築学会構造系論文集, No.527, pp.181-187, 2000.1.
  • 照本清峰・望月利男:地震情報に対する被害危険区域住民の防災意識と対策行動及び対策需要の規定要因に関する分析,地域安全学会論文集, No.3, pp.233-240, 2001.11.
  • 照本清峰・王雪雯:台湾における車籠埔断層沿線区域の建築制限の実態と課題,日本都市計画学会都市計画論文集, No.36, pp.97-10, 2001.11.
  • 照本清峰・元吉忠寛・福囿輝旗・佐藤照子:治水整備と洪水災害が住民意識に及ぼす影響,水工学論文集, No.48, pp.397-402, 2004.2.
  • 照本清峰・佐藤照子・福囿輝旗・池田三郎:地方自治体職員の洪水対策に関する意識構造,土木計画学研究論文集, Vol.21, pp.335-340, 2004.10.
  • 照本清峰・王雪雯・中林一樹:台湾における車籠埔断層沿線区域の建築制限の展開と住民の対応,日本都市計画学会都市計画論文集, No.40, pp.703-708, 2005.11.
  • 照本清峰・佐藤照子・福囿輝旗:水害発生後の復旧期における行政機関の対応に関する住民の意識,水工学論文集, No.50, pp.565-570, 2006.2.
  • TERUMOTO Kiyomine: Issues and Attitudes of Local Government Officials for Flood Risk Management, A Better Integrated Management of Disaster Risks(分担執筆), pp.165-176, TERRAPUB & NIED, 2006.3.
  • 照本清峰:活断層情報と地震リスク対策,減災, Vol.2, pp.116-127, 2007.7.
  • 照本清峰・中林一樹:活断層情報を考慮した防災対策と住民の意識構造,地学雑誌, Vol.116, No.3, pp.524-535, 2007.11.
  • 照本清峰・鈴木進吾・須原寛・田畑博史・中嶋宏行・紅谷昇平・吉川忠寛・稲垣景子・牧紀男・林能成・木村玲欧・大野淳・林春男・河田惠昭:来たる東海・東南海・南海地震の時間差発生における問題の構造,地域安全学会論文集, No.9, pp.137-146, 2007.11.
  • TERUMOTO Kiyomine: Flood Risk Mitigation Measures and the Perception of Local Government Officials, 2nd International conference of urban disaster reduction, CD-rom, 6p., International conference of urban disaster reduction, 2007.11.
  • 照本清峰・鈴木進吾・吉川忠寛・稲垣景子・紅谷昇平・田畑博史・大野淳:東海・東南海・南海地震の時間差発生のために生じる問題の重大性と対策の必要性,地域安全学会論文集, No.10, pp.416-426, 2008.11.
  • 照本清峰・中林一樹・澤田雅浩・福留邦洋:台湾における921地震後の地域再建支援施策と復興過程,日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.639, pp.1239-1248, 2009.5.
  • 照本清峰:複数の震災が連続して発生する場合での最適な復旧・復興戦略,巨大地震災害へのカウントダウン(分担執筆), pp.192-215, 東京法令出版, 2009.7.
  • 照本清峰・近藤誠司:公立小中学校の地震防災対策に関する現況の課題,日本建築学会技術報告集, No.31, pp.967-970, 2009.10.
  • 照本清峰・鈴木進吾・紅谷昇平:東海・東南海・南海地震の時間差発生のために生じる損失に関する基礎的考察, 地域安全学会論文集, No.12,2010.3.
  • TERUMOTO Kiyomine and NAKABAYASHI Itsuki: Feasibility and Problems of Earthquake Disaster Reduction Measures Based on Active Fault Data, Journal of Earthquake and Tsunami, 2010.9.
  • 照本清峰:東南海・南海地震,日本の自然災害(2010年版)(分担執筆), pp.47-69, 日本専門図書出版, 2010.10.
  • 照本清峰・越山健治:地方自治体防災担当職員を対象とした研修プログラムの効果と課題,地域安全学会論文集, No.14, 2011.3.
  • 照本清峰:ガレキ、産業廃棄物処理,災害対策全書(応急対応)(分担執筆), pp.202-205, ぎょうせい, 2011.5.
  • 照本清峰:孤立対策検討ワークショップの実施とリスクコミュニケーション効果の分析, 日本建築学会技術報告集, No.17, pp.1003-1008, 2011.10.
  • 照本清峰・澤田雅浩・福留邦洋・渡辺千明・近藤伸也・河田惠昭:地震発生後の孤立地域にみられる対応課題の検討,自然災害科学, Vol.31, No.1, pp.59-76, 2012.3.
  • 照本清峰:防災まちづくりと防災教育の連携による実践的津波避難訓練の効果と課題,日本都市計画学会都市計画論文集, No.47_3, pp.871-876, 2012.11.
  • 照本清峰:実践的津波避難訓練の計画と試行,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.68, No.5, pp.I_63-I_74, 2012.12.
  • 照本清峰:観光地における津波避難体制の課題とあり方に関する一考察,日本都市計画学会都市計画論文集, No.48_3, 2013.11.
  • 照本清峰:津波避難行動と浸水危険性に関する地域住民の認識と津波避難対策の課題,自然災害科学, Vol.32, No.3, pp.261-278, 2013.11.

所属学会

  • 土木学会
  • 日本建築学会
  • 日本都市計画学会
  • 日本自然災害学会
  • 日本災害復興学会
  • 地域安全学会
  • 日本災害情報学会
  • 日本リスク研究学会

主な外部資金研究一覧(2012(平成24)年度)

  • 竹中育英会建築研究助成「活断層近傍の防災対策に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2000年4月~2001年3月)
  • 大林都市研究振興財団若手研究者研究助成「地質情報に基づく建築制限方策に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2001年4月~2002年3月)
  • 大林都市研究振興財団研究助成「災害発生後の復興期における土地利用方策の事例分析と施策の体系化に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2007年4月~2008年3月)
  • 中越大震災復興基金地域貢献型中越復興研究支援「中山間地域における地震発生直後の孤立期から復興に至る過程の総合的なロードマップの作成と支援施策の体系化に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2009年4月~2011年3月)
  • 全労済協会公募調査研究「地域防災における相互扶助のあり方に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2010年12月~2012年3月)
  • 科学研究費補助金(若手B)「実践的防災訓練に基づく地域の減災性能の形成手法に関する研究」,研究代表者:照本清峰,(2012年4月~2012年12月)

委員会、研究会、社会的活動の主な参加事例(2012(平成24)年度)

  • 洪水ハザードマップ検討会 副委員長(兵庫県姫路市)
  • 防災まちづくりと防災教育の連携プロジェクト(和歌山県海南市)
  • 自主防災連絡協議会 防災アドバイザー(和歌山県みなべ町)
  • 地域防災計画震災対策に関する検討委員会 委員(福井県)
  • 防災上支障となる既存建築物の対策に係る検討会 委員(和歌山県)
  • 自主防災会地震津波連続ワークショップ 講師(和歌山県印南町)
  • 実践的防災教育総合支援事業 アドバイザー(和歌山県,徳島県)
  • 地域グリーンニューディール基金活用事業評価委員会 委員(和歌 山県)
  • 防災教育検討会議 委員(福井県)
  • かんさい生活情報ネットワーク アドバイザー(かんさい生活情報ネットワーク協議会)
  • とくしま地域防災力強化実証実験事業選定委員会 委員(徳島県)
  • 徳島市ハザードマップ作成事業 監修(徳島市)

平成24年度研究テーマ

(1)南海トラフ地震の広域性と連動性に着目した対応のあり方の検討
(2)地域特性に応じた津波避難対策に関する研究
(3)災害発生後の孤立集落対策に関する研究
(4)地域復興における支援方策のあり方に関する研究