減災報道研究会 第2回研究会

<テーマ>

「行政から報道機関・住民へ何をどう伝えるか 〜防災(災害)情報システム利用の観点から〜」

<開催日時>

平成20年7月11日(金)15:00〜17:30
人と防災未来センター5階 プレゼンテーションルーム

<出席者>

関西地区を中心に、報道機関から10人、行政機関の防災や広報部門の担当者32人、研究者2人の計44人

<次 第>

研究会趣旨・議事説明
減災報道研究会の趣旨と経緯
人と防災未来センターリサーチフェロー、川西勝氏の説明資料PDF
本日の研究会の趣旨について
人と防災未来センター研究調査員、高橋淳夫の説明資料PDF
行政機関と報道機関の災害情報データの共有について
人と防災未来センター研究員、宇田川真之氏の説明資料PDF
メディアから見たシステムの現状と課題
中京テレビ放送株式会社・報道部副部長、武居信介氏の説明資料PDF
討論及びアンケート
意見交換の要旨及びアンケートの集計結果PDF

<参考文献>

  • 行政とメディアの協定(愛知県)
  • 関西広域情報流通基盤の概要
  • 総務省「地域の安心・安全情報基盤に関する研究会」報告書

第2回減災報道研究会

  • 第2回減災報道研究会