中核的研究プロジェクト(平成30年度~令和4年度年度)

センターでは実践的防災研究の中核となる課題として「中核的研究テーマ」を設定し、この課題を解決するために組織として「中核的研究プロジェクト」を推進しています。

中核的研究テーマ「巨大災害の縮災実現に向けた体制の創出手法」

本研究は、南海トラフ巨大地震や首都直下地震など予測される巨大災害を踏まえ、被災した社会での被害の極少化と早期の回復すなわち「縮災」の実現を目的としています。この目的のため、本研究では、「専門化と普遍化」および「事前と事後」という2組の概念を軸として自治体が取り組むべき課題やアプローチの方法を検討することで「縮災」を可能とする自治体の防災体制を明らかにし、更にあるべき体制を創出していくための方法をも明らかにしていくことを目標とします。

具体的には、「防災の普遍化/全庁化」、「普遍化を早期回復につなげる方法論の確立」そして「被災からの早期回復」という3つの研究領域を設定し、これらの領域における実証研究を通じて、自治体における縮災実現のための方法論の開発から着手し、これを具体的に実装していくことまでを目指していきます。

特定研究プロジェクトについてはこちら→