中核的研究プロジェクト(平成27年度~29年度)

センターでは実践的防災研究の中核となる課題として「中核的研究テーマ」を設定し、この課題を解決するために組織として「中核的研究プロジェクト」を推進しています。

中核的研究テーマ「広域巨大災害における組織間連携方策のあり方に関する研究」

南海トラフ地震が発生すれば、東日本大震災と同様、広域に渡って激甚な被害が生じると想定されます。このような広域巨大災害の被害を最小限に留めるためには、災害対応にあたる各組織が効果的に連携できるようにする仕組みが必要となります。しかし、現況ではこれらの体制は十分には整備されておらず、効果の検証もなされていない状況です。そこで本研究では、来たる広域巨大災害に対して具現性のある組織間連携方策の枠組みを構築することを目的とします。

具体的には、効率的な対応を可能にするための組織マネジメントのあり方を検討するとともに、効果的な連携を実施できるようにするための重要なツールとして災害対応業務の構造化、及び、それに関連する資源内容・情報伝達フォーマット(案)を明示することをねらいとしています。また、これらの検討結果を踏まえた災害対応訓練を実施し、課題を検証します。

scheme tyukaku 27

研究の枠組みとして、「1)災害対応における組織マネジメントの枠組みと組織構成のあり方の検討」、「2)災害対応の業務フローの構築と災害対応資源・情報伝達のフォーマット(案)の作成」、「3)災害対応に必要な資源量の計測と推計」、「4)災害対応訓練の設計・実施と課題の検証」の大きく4テーマに分けて実施します。また、研究の推進にあたっては、災害対応に関する個別のテーマを設定し、テーマごとに検討します。平成27年度の個別テーマと担当研究員については以下の通りです。

個別テーマ 担当
民間流通・物流事業者と連携した救援物資の提供体制の構築 宇田川
NPO・NGO等の非営利組織と行政機関の連携方策 菅野
防災部局と連携した災害時の健康危機管理システムの構築 高田
大規模災害時の避難所運営における行政と外部組織の連携 斉藤
要介護者への支援マネジメントに関する行政と外部組織の連携 古本
被災地域の指定避難所の総合マネジメント 荒木
孤立集落に対する支援における外部組織との連携体制 石原
行政機関と外部機関の効果的な連携を可能にするための主題図の検討 坪井