ミッションとビジョン

調査・研究のミッションと問題意識

人と防災未来センター(DRI)が社会で果たすべきミッションの具体像としての「ビジョン」を掲げ、その実現のための研究活動に「ガイドライン」を設けて取り組みます。

【実践的な防災研究】ミッション

阪神・淡路大震災の経験と教訓、学術的な知見や蓄積された研究成果に基づき、我が国の防災上の課題を的確にとらえ、政府・地方自治体・コミュニティ・企業などの災害対策や防災政策の立案・推進に資する実践的な防災研究を実施する。そして、知の新たな体系化と、その学術的価値の確立を先導する。

【若手防災専門家の育成】ミッション

阪神・淡路大震災の経験と教訓に精通し、実践的な防災研究を推進する高い能力を備え、社会の防災力向上に向けて常に思考し働きかけることのできる行動力や、災害の諸様相に関する確かな想像力を有し、将来それぞれの立場や観点で防災を牽引することが期待される若手防災専門家を育成する。