東北地方太平洋沖地震に関する特設ページ

2011年3月11日午後2時46分、三陸沖で発生したマグニチュード9.0の地震は、広域かつ巨大な被害をもたらしています。被害にあわれた方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

人と防災未来センターでは、これまでの東海・東南海・南海地震災害に関する研究成果を踏まえ、今回の災害で、今何が起きているのか、そして、これからどのような課題が発生するのか、様々な分野の研究員が恊働で分析しております。このサイトは、将来のスーパー広域災害のため に実施してきた私たちの研究成果をうまく役立ててもらうためのものです。

当センターでは、阪神・淡路大震災の教訓を将来の災害による被害軽減につなげるため、東海・東南海・南海地震災害などの研究をセンター設立以来、継続して実施してまいりました。想定されている東海・東南海・南海地震災害と今回の巨大災害は、いずれも複数の県で大規模な被害 が発生するという我が国でも類を見ない巨大災害(スーパー広域災害)です。そのため、経験したことのない事態が様々な場面で顕在化すると予想されます。人的被害や物的被害がない、被災地から離れた地域にも災害の影響がおよび、停電や生活用品の不足をはじめ日常生活に支障が現れるなど、この種の災害に特有の状況はすでに現れつつあります。

News

Contents

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター