国際防災・人道支援シンポジウム

平成15年1月15日(水)から17日(金)にかけて、アジア地域の災害対策のこれまでの成果と残された課題を総括するとともに、21世紀の新たな地域防災戦略の指針を提案することを目的として、アジア各国及び国連をはじめとする多数の国際機関の参加を得て、「アジア防災会議2003」が開催されました。

国際防災・人道支援協議会(会長:河田惠昭人と防災未来センター長)では、アジア防災会議2003の一環として、1月16日(木)に、国際防災・人道支援シンポジウム「地球との共存-しなやかな防災社会の構築に向けて」を開催しました。

当日は、多数の参加者を得て、新しい防災パラダイムに必要な視点や課題・将来の展望、協議会への期待等について、国内外の専門家により活発な議論が行われました。

当日の様子

「アジア防災会議2003」の成果

当日配布資料