阪神・淡路大震災20年事業・超巨大災害対策総合シンポジウム

決議文(日本語)

Resolution (English)

 

【報告書】
表紙
プログラム
開会・基調講演
第1分科会・第2分科会
第3分科会・第4分科会
第5分科会・第6分科会
特別講演
分科会報告・パネルディスカッション・閉会・記録

 

メモリアル・コンファレンス・イン神戸2015

    1995年兵庫県南部地域を襲った「阪神・淡路大震災」を統一キーワードとして、「安全/安心でこころ豊かな社会づくり」を目指して、1996年-2005年までの10年間、メモリアル・コンファレンス・イン神戸が開催されてきました。この会議では、一般市民、被災者、ボランティア、NGO、NPO、行政関係者、研究者、技術者、企業人等が分野を越えて一堂に集い、学術面のみにとどまらず、この災害からそれぞれが学んだことを話し合い、お互いに理解が足りないところを補ってきました。11年目の2006年からは「次世代の育成」「世代間交流による語り継ぎ」「地域間交流」により「市民の防災力を高める」ことを目的に、「災害メモリアルKOBE」が毎年、開催されてきました。

    今後、南海トラフ地震、首都直下地震等、国難となる災害の発生も懸念されており、これまでの災害の教訓を活かし、伝えていくことが求められています。

    国内の情勢として、人口減少と地方の衰退といった傾向が顕著にみられ、災害への備えにおいてもこのような状況に対応していかなければなりません。また、情報通信技術、事業継続計画、事前復興等、阪神・淡路大震災発生後に示されてきた新たな機能・方法・概念のもとで、より効率的な方策を組み立てていく必要があります。

    この20年の取り組みを改めて振り返り、今後発生が懸念される災害への備えのあり方について議論し、その成果を国内外に発信していくことを目的として、メモリアル・コンファレンス・イン神戸2015を開催いたします。

開催日 平成27(2015)年1月20日(火)~21日(水)
1日目:10:00~17:30
2日目:10:00~17:30
場所 神戸国際会議場(神戸市中央区港島中町6-9-1)
主催 メモリアル・コンファレンス・イン神戸実行委員会
(事務局:人と防災未来センター)
共催 ひょうご安全の日推進県民会議、読売新聞社
内容 ▼1日目午前 10:00~12:20
基調講演1:「災害情報」

林 春男(京都大学防災研究所教授、人と防災未来センター上級研究員)
基調講演2:「国難災害」
河田 惠昭(人と防災未来センター長)

▼1日目午後 13:30~17:30  分科会 *各部屋に分かれて開催します。
〇第1分科会:国土のグランドデザイン ※第1分科会のみ、13:00から開始します。

主担当:
西村 康稔:衆議院議員、内閣府副大臣
藤井 聡 :京都大学大学院工学研究科教授、内閣官房参与
パネリスト:
大石 久和:(一財)国土技術研究センター国土政策研究所長
家田 仁 :東京大学・政策研究大学院大学教授
北本 政行:国土交通省大臣官房審議官(国土政策局担当)
幹事:神田 佑亮:京都大学大学院工学研究科准教授

〇第2分科会:ハード整備による被害抑止

主担当:
藤野 陽三:横浜国立大学先端科学高等研究院上席特別教授
中島 正愛:京都大学防災研究所教授
パネリスト:
宮本 裕司:大阪大学大学院工学研究科 教授
多田 元英:大阪大学大学院工学研究科教授
五十田 博:京都大学生存圏研究所教授
高橋 良和:京都大学工学研究科准教授
小長井一男:横浜国立大学大学院都市イノベーション学府教授
後藤 芳顯:名古屋工業大学大学院工学研究科教授
幹事:長江 拓也:名古屋大学減災連携研究センター准教授

〇第3分科会:情報マネジメントによる被害軽減

主担当:
林 春男 :京都大学防災研究所教授、人と防災未来センター上級研究員
野口 和彦:横浜国立大学大学院環境情報研究院教授
パネリスト:
賀澤 秀人:グーグル(株) シニアエンジニアリングマネージャー
今井 武 :本田技研工業(株)役員待遇参事
クリス マッキントッシュ:Esri エマージェンシーマネージメントインダストリーマネージャー
牧野 友衛:Twitter Japan(株) メディア事業部執行役員
幹事:鈴木 進吾:京都大学防災研究所助教

〇第4分科会:レジリエント社会と兵庫行動枠組み(HFA)

主担当:
河田 惠昭:人と防災未来センター長
福和 伸夫:名古屋大学減災連携研究センター長・教授、
人と防災未来センター上級研究員
パネリスト:
西川 智 :(独)水資源機構 理事、元内閣府参事官
永松 伸吾:関西大学社会安全学部准教授
中川 和之:時事通信社解説委員
関谷 直也:東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任准教授
幹事:廣井 悠:名古屋大学減災連携研究センター准教授

〇第5分科会:企業の事業継続と連携

主担当:
指田 朝久:東京海上日動リスクコンサルティング(株)上席主席研究員
丸谷 浩明:東北大学災害科学国際研究所教授
渡辺 研司:名古屋工業大学都市社会工学科教授
パネリスト:
道満 雅彦:オリバーソース(株) 代表取締役社長
萩原正五郎:NPO法人事業継続推進機構 理事、萩原 都市・建築計画事務所 所長
伊藤 毅 :(株)富士通総研 執行役員 ・ビジネスレジリエンス事業部長
幹事:紅谷 昇平:神戸大学社会科学系教育研究府特命准教授

〇第6分科会:復興とまちづくり

主担当:
小林 郁雄:兵庫県立大学特任教授、人と防災未来センター上級研究員
牧 紀男 :京都大学防災研究所教授
パネリスト:
近藤 民代:神戸大学大学院工学研究科 准教授
姥浦 道生:東北大学災害科学国際研究所 准教授
佐々木晶二:(一財)民間都市開発推進機構都市研究センター 副所長兼研究理事
幹事:越山 健治:関西大学社会安全学部准教授

▼2日目午前 10:00~12:00 *引き続き 分科会

▼2日目午後 13:00~14:30
特別講演1:「共に学ぶ:日本と米国における大災害からの教訓
David Mammen(デビット・マメン)
(元ニューヨーク行政研究所所長、阪神・淡路大震災5年検証国外検証委員)
特別講演2:「グラウンドゼロにて、9.11を記念する
Clifford Chanin(クリフォード・チャニン)
(ナショナルセプテンバー11メモリアル&ミュージアム副館長)

▼2日目午後 14:45~17:30
〇各分科会討論の報告:各分科会幹事

〇全体会議

コーディネーター:
牧 紀男:京都大学防災研究所教授
古谷 禎一:読売新聞大阪本社編集委員
パネリスト:
藤井 聡 :京都大学大学院工学研究科教授、内閣官房参与
藤野 陽三:横浜国立大学先端科学高等研究院上席特別教授
中島 正愛:京都大学防災研究所教授
野口 和彦:横浜国立大学大学院環境情報研究院教授
福和 伸夫:名古屋大学減災連携研究センター長・教授
丸谷 浩明:東北大学災害科学国際研究所教授
小林 郁雄:兵庫県立大学特任教授

 

参加方法 事前の参加申込みの受付は終了しました。当日、若干の席の余裕はございますので、直接会場にお越しください。

【お問い合わせ先】

人と防災未来センター事業課 tel:078-262-5068 fax:078-262-5082
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通 1-5-2