トップフォーラム



地方公共団体首長を対象とし、自然災害を中心とした危機管理のあり方を学んでいただくコースです。今後発生する大災害時に各地方公共団体のトップに求められる対応などについて、最新の研究成果による知見等をもとに、今後突発的に発生する災害に対し各地方公共団体のトップに求められるリーダーシップなどについて議論することを通じて地方公共団体の防災・危機管理体制の一層の充実を図ることを目的しています。

現在、「トップフォーラム」は兵庫県での開催はもとより、都道府県と協力して研修カリキュラムを作成し、県庁所在地などに赴いて開催しています。

カリキュラムは、センター長をはじめとする、防災に関する研究者や実務家の第一人者の講義に加えて、過去の災害の経験や教訓、研究成果を踏まえた様々な演習から成り立っています。

演習では、地震・津波など大規模災害における被害想定のシナリオや阪神・淡路大震災を中心とするドキュメンタリー映像を題材として、学んでいただきます。災害時は、情報が少ないなど、極めて困難な状況の中、次々と重要な決定を迅速に下さなければなりません。

研修では、地方自治体のトップの果たすべき役割を学んでいただきます。