図上訓練・広報コース(平成18年ー平成19年度)

目次

  1. ねらい
  2. 目標
  3. カリキュラム
  4. 講義
  5. 作戦会議
  6. 演習概要
  7. 演習実施内容
  8. 評価


1.ねらい

地方自治体は、災害発生後に住民の生命、身体及び財産を災害から保護することを目的として、迅速かつ的確に災害対応しなければならない。しかし多くの自治体では災害対応を独自の流儀により、もしくは場当たり的に行っているのが現状である。災害対応に必要な能力は、個人の意思決定能力に還元して捉えられているが、組織としての役割分担、本部会議運営方法、資料作成方法、情報の共有、住民への広報などの能力もそれ以上に必要となってくる。

本コースは、従来の単なる情報処理の練習にとどまらず、効果的な災害対応を行うために求められる本質的な能力を高めることを目的としたシミュレーション型の図上訓練である。当センターが独自の図上演習システムにより、仮想地域で直下型地震による大災害が発生した事態を想定し、災害対策本部の運営と実際の報道記者が参加する模擬記者会見等を通して、目標を明確に設定した災害対応の重要性を実践的に学ぶ。その成果に基づき、各自治体で適切な災害対応が実践できるリーダーシップを身につけることを最終的な目標とする。

TOPへ

2.達成目標

(1)災害対応時に、対処すべき災害に対する共通の状況認識を持つことができる
被害状況やその拡大の見通し、日時、気象条件など外部環境や、動員可能な資源、施設の被害状況、応援の見通しなどの内部環境を的確に把握し、関係者間で共通認識を形成する。
(2)災害対応時に、目標を明確にした災害対応を実施できる
目標による管理とは、組織に対して事細かな指示を出すのではなく、目標を設定させ、その進め方や進行管理については当人たちに委ねる方がより大きな成果が得られるというマネジメントの考え方を示す。
(3)災害対応時の目標達成の手段として能動的な広報を実施できる
災害対応に不可欠である市民や関係諸機関と共通の状況認識を構成する、自らの対応方針への理解と協力を求める、市民に対して行動を呼び掛けるなどの最も効果的な手段として報道機関を能動的に活用した広報を行う。

TOPへ

3.カリキュラム公開中

本番の災害対応時に実践することを目指し、本コースの達成目標を講義、図上訓練前の実践的な演習、そして最終日の図上訓練という段階を踏んで理解を進め、知識の定着を図ることを設定とした。※講師の都合等により変更になる場合があります。

  • 平成19年度図上演習・広報コース(平成19年8月6日~8月8日)【PDF】
  • 平成18年度第1回図上演習・広報コース(平成18年7月31日~8月2日)【PDF】
  • 平成18年度第2回図上演習・広報コース(平成18年12月4日~12月5日)【PDF】

TOPへ

4.講義

本番の災害対応時に実践することを目指し、本コースの達成目標を講義、図上訓練前の実践的な演習、そして最終日の図上訓練という段階を踏んで理解を進め、知識の定着を図ることを設定とした。※講師の都合等により変更になる場合があります。


18年度
災害対策本部(会議)資料の作成1/2
災害対策本部(会議)資料と災害対応計画の作り方
19年度
対応方針を作成する思考過程
思考過程step1/step2
18-19年度
能動的な広報と効果的なマスコミ対応

TOPへ

5.作戦会議

講義や演習ルールに基づき、各班に分かれて演習に向けての意志統一を図り、対応方針の作成や事務局の編成(作戦班・情報班・広報班)の他に掲示物、空間配置(机、ホワイトボード、広報スペース)などをはじめ実務的なレイアウト設定も決定し、最後に演習直前に行う災害対策本部会議の資料の作成した。

TOPへ


6.演習概要公開中

本番の災害対応時に実践することを目指し、本コースの達成目標を講義、図上訓練前の実践的な演習、そして最終日の図上訓練という段階を踏んで理解を進め、知識の定着を図ることを設定とした。※講師の都合等により変更になる場合があります。

演習の進め方
ルール説明
作戦会議
第1回災害対策本部会議
図上訓練
第2回災害対策本部会議
記者会見シミュレーション
演習実施における資料
演習ルール【PDF】
共通 X県 西原市 東川市 その他
条件設定
PDF
1p-4p,28p-30p PDF 5P-10P PDF 11P-18P PDF 19P-27P PDF 気象条件 PDF
2時間までの状況
PDF
PDF PDF PDF
地図 PDF
Phot
PDF
Phot
PDF
Phot
状況付与 流れ一覧 PDF PDF
Excel
PDF
Excel
PDF
Excel
統制班
報道 PDF
内閣府 PDF
消防庁 PDF
自衛隊 PDF
状況付与を地図へ
(3時間後)
一括 PDF PDF
Phot
PDF
Phot
状況付与を地図へ
(4時間後)
一括 PDF PDF
Phot
PDF
Phot

TOPへ

7.演習実施内容今後掲載予定

各班情報の流れ
記者会見シュミレーション
記者発表議事録
記者発表資料

TOPへ

8.演習評価今後掲載予定

演習実施内容の評価
総括 X県 西原市 東川市
受講者よる評価 自己評価PDF 自己評価PDF 自己評価PDF
研究員による評価 研究主幹
越山健治PDF
主任研究員
近藤民代PDF
主任研究員
平山修久PDF
リサーチフェロー
永松伸吾PDF
現役記者による評価 リサーチフェロー 安富 信(現役記者)
現役記者(複数)
リサーチフェロー 川西 勝(現役記者)
総括評価 主任研究員 近藤伸也
研修への評価

TOPへ