実践的防災研究

人と防災未来センター(DRI)では、阪神・淡路大震災の経験と教訓、学術的な知見や蓄積された研究成果に基づき、我が国の防災上の課題を的確にとらえ、政府・地方自治体・コミュニティ・企業などの災害対策や防災政策の立案・推進に資する実践的な防災研究を進めています。

研究概要

ミッションとビジョン

センターが社会で果たすべきミッションとその具体像としてのビジョン、これらを実現する研究活動のガイドラインを紹介します。詳しくはこちら

重点研究領域の設定と研究の推進

センターが、今後30年程度を展望しつつ、当面の社会状況等をふまえ、取り組むべき防災研究上の重要な領域である「重点研究領域」を紹介します。詳しくはこちら

TOPへ

研究体制

上級研究員

防災分野における我が国を代表する研究者であり、実践的防災研究に取り組んでいる研究員を指導している上級研究員をご紹介します。詳しくはこちら

常勤研究員

それぞれの専門性に基づいて実践的防災研究に取り組んでいる常勤研究員(研究主幹・主任研究員・研究員・研究調査員)を紹介します。詳しくはこちら

リサーチフェロー

これまでにセンターの研究員・研究調査員として在籍し、現在も様々な分野で活躍しているリサーチフェローを紹介します。詳しくはこちら

TOPへ

現在進行中のプロジェクト

中核的研究
プロジェクト

実践的防災研究の中核となる課題である「中核的研究テーマ」と、この課題を組織として解決する「中核的研究プロジェクト」紹介します。詳しくはこちら

特定研究
プロジェクト

様々な社会の要請へ柔軟かつ機動的に対応するために、複数またはすべての研究員からなるチームが期間を限定して取り組む「特定研究プロジェクト」を紹介します。詳しくはこちら

減災報道研究会

災害時に取材する側(報道機関)と取材される側(行政機関)が議論する場である減災報道研究会を紹介します。詳しくはこちら

TOPへ

研究成果・レポート

主な研究成果

センターがこれまでに行った研究および活動の主な成果を紹介します。詳しくはこちら

調査研究レポート

調査研究レポートセンターの調査研究活動によって得られた研究成果をまとめた調査研究レポートをご覧になれます。詳しくはこちら

災害調査レポート

センターで、国内外の地震災害・風水害を含めた幅広い災害を対象として研究員を派遣した成果を速報版としてまとめた災害調査レポートをご覧になれます。詳しくはこちら

TOPへ

災害対応の現地支援

災害時の広域支援

大規模震災発生時等に、実戦的なノウハウや豊富な災害対応の経験を有する専門家を迅速に被災地に派遣し、被災地の災害対策本部等に対して専門的な助言等の支援を行います。 詳しくはこちら

防災業務との連携

センターの研究員が参加している防災実務との連携を目的としたプロジェクトを紹介します。これは防災政策や災害対策業務の現場のニーズを把握し、実践的研究を遂行するだけでなく、研究員が日々の研究活動を通じて得た知見を実務の世界へと還元することを目指したものです。詳しくはこちら

学術誌「減災」

センターでは中央省庁をはじめとする行政機関やライフライン企業、研究者の方々の支援を得て、実践的な減災研究の学術的な価値を称揚し、同時に実務家のニーズにも応えることができるような新たなタイプの学術誌「減災」を刊行しています。詳しくはこちら