校外学習・修学旅行をお考えの方へ

校外学習・修学旅行をお考えの方へ

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターは、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)から7年後の2002年4月に、兵庫県が国の支援を得て設置した施設です。阪神・淡路大震災の経験を語り継ぎ、その教訓を未来に生かすことを通じて、災害文化の形成、地域防災力の向上、防災政策の開発支援を図り、安全・安心な市民協働・減災社会の実現に貢献することをミッションとしています。
特に、未来を担う児童・生徒の皆さまの防災・減災意識が醸成されるよう工夫を凝らしています。

5つの特徴 / オプショナルプログラム / ご入館までの流れ / 引率に便利な環境
バリアフリー情報等 / Q&A / 展示パンフレット

5つの特徴

1. 新学習指導要領と密接に関連

社会、理科、保健体育、技術・家庭、道徳、総合的な学習の時間など、各教科の学習内容と直結した学びを実現しています。

西館4階「大震災ホール」
被災者が感じたであろう気持ち(命の大切さ、肉親や家・仕事を失った絶望感、家族の絆や助け合いの大切さ)などを知ることができます(学習指導要領:社会「地域の自然災害に応じた防災対策が大切であることなどについて考える」)
西館3階「震災・復興メッセージ、記憶の壁(震災関連資料展示)」
地震被害の大きさや、かけがえのない人を失った悲しみ、家族の絆や助け合いの大切さなど被災者の思いを感じ学ぶことができます(学習指導要領:道徳「生命の尊さを理解し、かけがえのない自他の生命を尊重する」)
西館2階「防災・減災ワークショップ」
建物の耐震、免震構造や液状化の仕組みのほか、家庭で備える防災グッズや家具固定について学ぶことから、災害から命を守り被害を軽減するために取り組むヒントやきっかけを見つけることができます(学習指導要領:技術・家庭「家庭内の事故の防ぎ方や自然災害への備え」)

2. ハンズオン体験学習

耐震・免震構造の実験装置、パズル・ゲームなどのインタラクティヴな教材のほか、2021年にリニューアルした東館3階「BOSAIサイエンスフィールド」では楽しみながら自然災害に備える力を身につける体験型展示等を通じて、児童・生徒自身が手で触れたり体験することで実感する調べ学習が進みます。

西館2階「防災ワゴン」

西館2階「マグニチュードと地震のエネルギー」
西館2階「実験ステージ」

東館3階「ウェザーウォーク」
東館3階「ハザートVRポート」
東館3階「クエスチョンキューブ」

3. 震災を体験した人びととの触れあい

生の語り部とビデオ教材を通じて、大人として、また子どもとして、阪神・淡路大震災を体験した人びとの生きざまに直接触れることができます。

4. 災害を我が事として考える

2022年4月に上映を開始したオリジナル作品「逃げよう-大切な命を守るために-(上映時間:約15分、語り:下野紘)」では、災害列島と言われる日本で暮らす私たちが実際に災害に遭遇したとき、自らの命を守るためにはどうすればいいのかを問いかけます。児童・生徒自らが災害を我が事として考えることによって防災意識の向上につながります。

5. オリジナル教材をプレゼント

人と防災未来センターが作成したオリジナル教材を来館いただいた児童・生徒にお持ち帰りいただけます。

西館5階資料室で配布しています
西館2階で自由にお取りいただけます
西館2階で自由にお取りいただけます

6. 観覧料の軽減

  • 小学生、中学生、高校生は無料で入館できます。
  • 引率教員、同行の旅行会社社員、運転手、バスガイド等は無料で入館いただけます。
  • バス待機場が無料でご利用いただけます(要事前予約)。

オプショナルプログラム

プログラム1
「語り部」による震災時の体験談

プログラム2
センター研究員による防災セミナー(小中学生のみ対象・平日のみ実施)

  • 時間:30 分( 入退室時間を含みます)
  • 場所:西館1階ガイダンスルーム(定員/ ルーム1:120 名 ルーム2:60 名 )
  • 予約:各プログラムは観覧予約申込時にご予約ください。
  • 所要時間:観覧60〜90分+オプショナルプログラム30分
ガイダンスルーム1(定員120名)
ガイダンスルーム2(定員60名)

ご入館までの流れ

Web予約でのお申し込みの場合

FAXでのお申し込みの場合

引率に便利な環境

番号リンクをクリックいただくと、360°カメラ映像をご覧いただけます

バリアフリー情報等

Q & A

A. 人と防災未来センターでは、資料室(西館5階)で効果的な防災学習等について各種相談に応じています。
また、防災に関する様々な視聴覚教材を収集しています。これらをご希望に応じて貸し出しています。
詳しくは資料室にお問い合わせください(電話:資料室 078-262-5058)。

A.最終入館時間までにご来館いただきましたら、随時、予約なしで3名まで無料で下見いただけます。
事前にWEB・FAXで下見観覧のご予約をいただくか、もしくは当日ご到着された際に総合案内(チケットカウンター)にて「下見観覧申込書」の記入をお願いいたします。

A.晴天時には近隣の公園を、お弁当にご利用いただけます(※公園の管理は神戸市が行っています。公園利用については神戸市の方針に従ってください)。
こちらから360°写真にて、公園の周囲をご覧いただけます。
なお、館内での飲食は全面禁止とさせていただいております。雨天時などの対応もいたしかねますので、予めご了承ください。

A.モデルコース(https://www.dri.ne.jp/exhibition/recommended-route/)をご確認ください。

このページに関するお問い合わせはこちらへ

担当:観覧案内
電話:078-262-5050
予約:各プログラムはお申し込み時にご予約ください。
https://www.dri.ne.jp/contact/