メッセージ

メッセージ

人と防災未来センター長
河田 惠昭

関西大学理事
社会安全研究センター長・教授

当センターは、災害対策専門職員の育成、実践的な防災研究と若手防災専門家の育成、災害対応の現地調査・支援、交流・ネットワーク、展示、資料収集・保存といった6つの機能を備えています。これらのなかでも、特に「災害対策専門研修」を、災害に関する実践的な人材育成の一環として、重点的に推進しています。

この研修は、センターがオープンした平成14年度から実施しており、カリキュラムや講義内容については、受講生へのアンケートに基づき不断に見直しを行っており、高い評価をいただいています。

地震や集中豪雨、台風などの災害に備え、防災関係職員が必要な知識・技術を習得しておくことは極めて重要です。また、南海トラフ巨大地震や首都直下地震といった国難ともなりうる巨大災害の発生が懸念されています。これらの災害に対処するためには、自然災害による被害をできるだけ小さくし、復旧に係る時間もできるだけ短くする縮災社会(Resilient Society)を実現しなければなりません。そのための人材育成も喫緊の課題です。

この研修は、センターの研究員が実践的・総合的な研修として企画・運営し、講師も第一線でご活躍されている方にお願いしております。また、受講者の知識やレベルに応じて無理なくステップアップできるよう工夫しており、必ずや、関係者のご期待にそえるものと自負しておりますので、ぜひとも多くの方々に受講いただきますようご案内いたします。

内閣府・消防庁からのご推薦

クリックすると別ウィンドウでPDFが開きます