災害メモリアルアクションKOBE 2024

災害メモリアルアクションKOBE 2024

全体テーマ
KOBEのことば

人と防災未来センターでは毎年、学生の防災・減災活動を通じて、災害教訓を「活かす」ことができる人材を育成するとともに、防災の取組みをいろいろな地域・世代へ広げていく事例をまとめ、今後の被害を減らすことに寄与することを目的に「災害メモリアルアクションKOBE2024」を開催しています。
今年度も学校・グループ単位で参加を希望した学生(9グループ)が阪神・淡路大震災等で被災した地域において、インタビュー、アンケート、交流事業などを実施しています。 この活動の成果を発表する場として、報告会を開催します。

事業スキーム(クリックでPDFが表示されます)

活動報告会概要

開催日時

令和6(2024)年1月6日(土)10:00~13:15

場所

人と防災未来センター 西館1階 ガイダンスルーム

プログラム ※敬称略
10:00【開会挨拶】
災害メモリアルアクションKOBE 企画委員会委員長
人と防災未来センター 上級研究員
京都大学防災研究所 教授 牧 紀男
10:05【活動発表】
①兵庫県立舞子高等学校
②滋賀県立彦根東高等学校
③兵庫県立尼崎小田高等学校
④TEAM-3A
⑤国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)開発チーム
⑥国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)地域連携チーム
⑦神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミ
⑧神戸学院大学 クローズアップ社会研究会
⑨関西大学 社会安全学部 奥村研究室
⑩兵庫県立大学防災リーダー教育プログラムチーム
12:05【休憩・準備】
12:15【パネルディスカッション「これからの『報せる』は?」】
「報せる」には一方通行のイメージがあるが、現在「双方向」「つながる」という観点も重要となっている。その方法論にとどまらず、モノの持つ力といった多様な視点から未災者が未災者に「報せる」ことのこれから、について考えよう。

《コーディネーター》
国立明石高等専門学校 准教授 本塚 智貴
人と防災未来センター 研究部 研究調査員 塩津 達哉

《グラフィックファシリテーション》
大阪防災プロジェクト共同代表 多田 裕亮
山越 香恋

《パネリスト》
兵庫県立舞子高等学校
滋賀県立彦根東高等学校
兵庫県立尼崎小田高等学校
神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミ
関西大学 社会安全学部 奥村研究室
以上5団体代表
【グラフィック披露】
大阪防災プロジェクト共同代表 多田 裕亮
山越 香恋
13:10【講評・閉会挨拶】
災害メモリアルアクションKOBE 企画委員会顧問
人と防災未来センター長 河田 惠昭
実施主体

人と防災未来センター、京都大学防災研究所

企画立案

災害メモリアルアクションKOBE企画委員会(事務局:人と防災未来センター)
企画委員長 牧 紀男(京都大学防災研究所教授)
【PDF】企画委員会名簿

参加方法

直接会場にお越しください(無料ゾーンで実施します)。

チラシ

チラシ・プログラム(PDF)